体験する

地域の方との交流も楽しい

田舎体験

地元ガイドのてほどきを受けながら、自然の中で田舎暮らしの営みを体験。
土佐弁での交流もお楽しみください。

ふれあいの里なめかわ清流のほとりでピザ焼き体験

地元でも隠れた清流と言われる行川(なめかわ)。木漏れ日の中、せせらぎを聞きながらピザ焼き体験を堪能できます。BBQと一緒にどうぞ。

長岡郡本山町下関1621-1

0887-76-3017

2,000円

一週間前までに要予約

※表示の金額は2019年7月現在の金額です。

汗見川ふれあいの郷 清流館

汗見川ふれあいの郷 清流館地元の方に教わるそば打ち体験

元小学校跡を宿泊施設に利用している清流汗見川の拠点。そば打ちの他、石窯ピザ体験、田植え、稲刈り、間伐などのさまざまな田舎仕事に挑戦できます。

長岡郡本山町沢ヶ内626

0887-82-1231

9時~16時

2,000円

5、6名~
(予約/平日10時〜16時)

集落活動センター いしはらの里

集落活動センター いしはらの里アメゴつかみで、童心に帰ろう

清らかな石原川にざぶん。目の前を泳ぐアメゴの動きを目で追い、川石の下に追い込み勝負。手中におさめた時は感動の一言でしょう。

土佐郡土佐町西石原1228

0887-72-9328

6~9月

1,500円

10~50名

自然王国白滝の里

自然王国白滝の里地域の人と交流しながら田舎料理体験

講師は地元のおんちゃんやおばちゃん。土佐弁を交えながら楽しめます。四季折々の体験メニューがあり、特にコンニャク作りや豆腐作りがお子様に人気です。

土佐郡大川村朝谷26

0887-84-2201

8時30分~17時

冬季休業

講師料4,500円
こんにゃく体験1,000円
豆腐体験970円

農家民宿レーベン

農家民宿レーベン一日一組限定!山小屋で酪農体験

四国連峰のパノラマを一望できる農家民宿。宿泊するとチーズ作りや、牛の乳しぼり、餌やり体験などが楽しめます。酪農家気分を味わってみませんか。

長岡郡大豊町佐賀山キチヤ1253-3

090-1004-5611(渡辺)

3月~12月

宿泊料+体験料

(詳細はwebを参照) http://otoyo-leben.com/

観光・歴史探訪

千年続く寺院や郷土芸能。この地には、「今もなお、こんな風習が!」と驚く 文化や建物が多く残されています。あちらこちらへ寄り道探訪。
嶺北地域の魅力の原点を見つけてください。

天に向かって43m
日本一の大銀杏

ひらいしちちちょう

推定樹齢800年、あるいは1000年とも言われます。幹から大小50余りの気根(乳柱)が垂れ下がる姿は、神秘的で圧巻。国の天然記念物。

土佐郡土佐町平石

0887-82-0483(土佐町教育委員会)

厳かに佇む
本山郷の総鎮守

十二所神社

じゅうしょじんじゃ

1638年(寛永15年)に野中兼山により今の場所に移されたと伝わっています。鳥居の脇にそびえる巨大な杉などに守られる本殿の建築も見事。6月と11月には大祭が執り行われ獅子舞などの奉納がされます。

長岡郡本山町本山248

0887-76-2084
(本山町教育委員会)

町民に慕われる
小さな観音堂

中島観音堂

なかじまかんのんどう

檜の一本造り、彫眼の彩色像の十一観音両像。鎮座されている本殿が開くのは、毎年7月下旬に開催される夏の大祭時のみ。推定樹齢1200年とも言われる金木犀と苔むした境内や、愛らしい地蔵が並ぶお堂は、おだやかな心へと導いてくれる安らぎ空間。

土佐郡土佐町中島

0887-82-0483(土佐町教育委員会)

神木が並ぶ
参道より参拝を

若一王子宮

にゃくいちおうぐう

1149年(久安5年)建立。清輪造り千鳥破風付けと言われる杉彫刻が施された本殿を筆頭に見どころは随所に。参道入口にある夫婦杉、そして参道中腹に孕み杉、境内の親子杉があり、ご縁、安産、子授けのご利益があると慕われています。

長岡郡本山町寺家769-2

0887-82-0214


山間に佇む
美しき茅葺き屋根の書院

旧立川番所書院

きゅうたじかわばんしょしょいん

土佐藩主、参勤交代の本陣として重要視されてきた土佐の三大番所のひとつ。趣向を凝らした欄間や殿様の寝床、書院などは一見の価値があるでしょう。静謐を漂わせつつ、往時の面影を今に伝えています。

長岡郡大豊町立川下名28

0887-72-0450(大豊町教育委員会)

内部見学は日・祝日のみ。9時~17時

大人210円、小学生100円 障害者無料

有形民俗文化財を収蔵する
グッドデザイン賞受賞の資料館

豊永郷民俗資料館

とよながごうみんぞくりょうかん

豊永郷民俗資料館は、農耕用具、山林用具等の民具約10,000点が収蔵され、その内約3,000点が展示されています。 資料館に収蔵されている10,000点あまりの中から、2,595点が昭和57年4月21日付で、土佐豊永郷及び周辺地域の山村生産用具として国の有形民俗文化財に指定されました。

長岡郡大豊町粟生158

0887-74-0305

9時~17時

大人500円、高校生・大学生400円、小・中学生100円

年末年始

平安の粋を結集
建造物では県内唯一の国宝

豊楽寺 国宝薬師堂

らくこくほうやくどう

1151年(仁平元年)造立。美しい流線型のこけら葺の屋根等、当時の職人の技が光る四国最古の寺。ご本尊は中央に薬師如来、左右に阿弥陀如来と釈迦如来。すべて檜の一木造。闘病平癒に訪れる人が多い。

長岡郡大豊町寺内314

0887-73-0029

9時~16時
(拝観希望の方は要連絡)

大人500円 中学生以下200円(志納金)

外観のみの見学は連絡不要

山野草と
笑顔が咲く寺

遍照山 金剛寺

へんしょうざんこんごう

四国三十三観音霊場11番札所高野山真言宗の寺。まず迎えてくれるのは六地蔵。本堂の天井画も見どころ。境内のまんだらの道には、400種類の山野草が咲き心を和ませてくれるでしょう。参拝後は一草庵でお接待をお楽しみ下さい。

長岡郡本山町寺家759

0887-82-0243

鉱山繁栄の
往時をしのぶ

白滝鉱山(跡)

しらたきこうざん(跡)あと

四国でも有数の銅の産出量で300年以上の歴史を有していた白滝鉱山。昭和47年に閉山した後も、日本の高度成長を支えた繁栄の名残を見ることができます。旧トロッコ跡を巡る有料ガイドツアーや坑道の面影を残した展示コーナー等もありますので、希望の方は、大川村ふるさとむら公社にご相談を。

土佐郡大川村朝谷26

0887-84-2201(大川村ふるさとむら公社)

暮らし探訪
日本一の大杉

威風堂々!
推定樹齢三千年日本一の大杉

すぎおおすぎ

二株の大杉が根元で合着しており夫婦杉とも呼ばれています。南の杉の周囲は約20m、高さ約60m(北は各16.5m、57m)。荘厳な雰囲気で1952年(昭和27年)、国の特別天然記念物に指定されました。

長岡郡大豊町杉794

0887-72-1585

8時~18時
(10月~3月は8時30分~17時)

1/1

大人200円
小・中学生100円
(団体割引あり)


美空ひばり歌碑。若きひばりさんは大杉に、「日本一の歌手になりますように」と願掛けをしました。

ふるさとの温かさを湛えた
文学館

大原富枝文学館

おおはらとみぶんがくかん

本山町出身の作家、大原富枝の貴重な資料や代表作「婉という女」にスポットを当てた展示が並んでいます。サロンでは著書の閲覧やDVDの鑑賞ができるほか、茶室も開放しています。

長岡郡本山町本山568-2

0887-76-2837

9時~17時

月曜(祝日の場合は翌日)、12/29~1/3

一般300円、小・中学生100円

酒と文学をしみじみ味わう
ミニギャラリー

酒蔵 桂月館

しゅぞう けいげつかん

伝統と革新を紡ぐ地域に愛される酒蔵に併設された資料館。銘酒「桂月」と明治時代の文豪大町桂月の作品や掛け軸をはじめ、歌碑などが展示されています。入場料は200円。お土産にカップ酒(200円)が頂けます。

土佐郡土佐町田井418
土佐酒造株式会社

0887-82-0504

9時~17時

日曜

200円


帰全山公園

花溢れる散歩道と
キャンプ場

ぜんざんこうえん

別名シャクナゲ公園。特に春の大型連休には、ツツジやシャクナゲを目当てにたくさんの方が訪れます。吉野川に囲まれておりキャンプ場も併設。園内には野中兼山の母、秋田夫人の墓もあり兼山像も建立されています。

長岡郡本山町本山

0887-76-3916
(本山町まちづくり推進課)

観光歴史探訪

1000年続く
ユニークな神楽

岩原・永渕神楽

いわはらながぶちかぐ

毎年10月、その年の担当になった邸宅に祷屋(とうや)を建て、神主を招き祭りをし、酒宴を催します。そして「散華」と称する六根清浄の行をおこない12月の月歌を歌い、時には乱舞し神楽を舞う独特の文化です。

長岡郡大豊町
※個人宅で、年によって開催場所が変わります

0887-72-0450
(大豊町観光開発協会)

毎年10月

男衆が数珠を
担ぎ祈る神事

南川百万遍祭

みながわひゃくまんべんまつり

五穀豊穣、無病息災や家内安全などの願いを込め、太鼓の音に合わせて30m以上の数珠をかつぎ、舞堂を回る祭。神酒をあおりながら一日をかけて行われ、クライマックスには数珠が切り放たれ、数珠繰りの男衆は境内に飛び出し大荒れになる迫力満点の祭です。

土佐町南川大谷寺

0887-82-2450
(土佐町産業振興課)

例年は、夏の土用に入った最初の日曜日に開催
2019年は変更の可能性があるので、お問い合わせください。

迫力満点の
ぶつかり相撲

上関阿弥陀堂奉納相撲

かみぜきどうほうのもう

始まりは江戸時代後期。地域で伝染病が流行った際、病気回復と豊作を願い、草相撲の横綱にかまど神社(阿弥陀堂)に土俵入りをしてもらったことが起源。3人抜き、5人抜きなどの強者も。

長岡郡本山町上関

8月14日

未来へ残したい
郷土芸能

花取太刀踊り

はなとりおど

大川村に伝わる舞踊。以前は8月15日の大藪天王宮で奉納されていましたが、近年は、村のイベントで見られます。演目は太刀踊り、薙刀(なぎなた)踊り、手踊りの3通り。現在は村の伝承会が後世に伝えるべく演舞を続けています。

0887-84-2211(大川村むらづくり推進課)

インスタグラム facebook